黒ニキビって何?

ニキビを治す簡単な方法

黒ニキビって何?

読了までの目安時間:約 5分

ニキビを治す簡単な方法 (14)

ニキビには「赤ニキビ」や「白ニキビ」などと今回ご紹介する「黒ニキビ」があることをご存知ですか?

 

男性でも女性でも思春期のころには、顔や首筋にニキビが出来て困ったという経験を持っていると思いますが、この黒ニキビと言うのは、どうやら思春期に私たちを悩ませたニキビとはちょっと違うようなのです。

 

 

 

皆さんは毎日洗顔をするときに、鏡でご自分の顔を見る機会があると思いますが、その時に小鼻のあたりを良く見ると、黒い小さなツブツブを発見することがありませんか?

 

 

 

これが今回皆さんにご紹介する黒ニキビです。

 

 

 

この黒ニキビと言うのは思春期のころに顔や首の回りにたくさん出来たニキビと違って

 

ニキビのまわりが炎症を起こして赤く腫れ上がったりしていないのが特徴です。

 

 

 

このために黒ニキビが出来ていても痛みを感じないために、ほとんどの人がそのままの状態で生活しているのですが、黒ニキビには思春期の時のニキビとは違った問題点があるのです。

 

 

 

黒ニキビが出来てしまうのは顔や首のまわりの皮膚にある毛穴や汗腺の内部に、皮膚の老廃物や余分な皮脂が詰まって角栓(かくせん)になってしまうのが原因なのですが、

 

 

 

思春期のニキビのようにすぐに炎症を起こして化膿したりすることはありません。

 

 

 

大人になると皮膚の細胞の活性化の機能が衰えてくるので、角栓が出来たからといって、皮膚の免疫が過剰に反応することが無くなります。

 

 

 

毛穴や汗腺に詰まった角栓がそのままの状態で固まってしまいます

 

そうすると角栓の皮脂が古くなって酸化して黒くなります。

 

 

 

その黒くなった角栓の先端が皮膚の外に飛び出して見えるために、鏡で見たときに黒いツブツブになって見えたのです。

 

 

 

同じように毛穴や汗腺に詰まった角栓が酸化しないまま残った状態では、白いツブツブになって見えるために「白ニキビ」と言う名前で呼ぶこともあります。

 

 

 

この黒く変色した角栓の黒ニキビは、顔の中でも比較的皮膚の薄い、鼻や小鼻の周辺に多く出来ることがあります、黒ニキビは痛みがないために指などで絞って、中の角栓を絞り出してしまう人がいますが、あまり強く皮膚を絞ってしまうと、その部分の組織にダメージを残してしまいます。

 

 

 

それと同じように、粘着性のテープなどを黒ニキビのある部分に貼り付けて、一気に黒ニキビの角栓を取ってしまう人がいるのですが

 

あまり粘着力の強いテープなどを使用して角栓を取っていると、その周辺の皮膚の角質も一緒にはがしてしまうことがありますから注意してください。

 

 

 

黒ニキビを解消するためには、洗顔の時に手の平や指で直接洗うのではなく、たっぷりの泡を立ててからその泡で包み込むようにして洗うことで、毛穴や汗腺に詰まった古い角栓を取り除くことができます。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

ニキビetc...


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る