ニキビをキレイに治す方法

ニキビを治す簡単な方法

ニキビをキレイに治す方法

読了までの目安時間:約 5分

ニキビを治す簡単な方法 (12)

誰でも思春期になって、体が成長してくる時期になるとニキビに悩まされてしまう人が多くなります

 

これは思春期になって体内で成長ホルモンが分泌されるようになると、顔や首の周りの皮膚に、大量の皮脂が過剰に分泌されることが原因です。

 

 

 

でも、ニキビはこの時にきちんと治療しておくことが大切だということを知っておきましょう。

 

 

 

ニキビが治ってしまう前に、無理に潰してしまったりすると、後 でニキビの跡が残って困ったことになってしまうので注意してくださいね。

 

 

 

顔や首のまわりなどにニキビが出来てしまうと、その部分に痛みがあるだけではなく、赤いボツボツのような吹き出物が出来て、ニキビの周辺が炎症を 起こしてしまいます。

 

 

 

人によってはニキビが一ヶ所に集中して出来てしまう場合がありますが、そんな時にはニキビのまわりが腫れ上がって、熱を持ってしまう場合もあるのです

 

このまま炎症が収まってくれたら、ニキビの跡が残ってしまうことはないのですが、運悪くニキビが悪化して化膿してしまうと、外からも膿(うみ)が白い粒のように見えるようになって、さらにニキビが目立つよ うになってしまいます。

 

 

 

ニキビは初期の赤い吹き出物の状態で自然に治ってくれるのが一番ですけれども化膿してしまうまで悪化したり、指などでニキビを潰したりしてし まうと、その部分にニキビの跡が凹のように残ってしまいます。

 

 

 

私たちの顔の皮膚はとても薄いので、ニキビの跡が消えてくれるまでには長い時間が掛かってしまうことが多いのです。

 

 

 

そんなことにならないようにするためには、ニキビが出来たら早いうちに炎症をおさめて、ニキビが化膿してしまわないようにすることが大切です。

 

 

 

そのためには二キビが出来てしまった部分を、不用意に刺激してしまわないようにすることが大切です

 

ニキビが出来て盛り上がった部分の皮膚はとても薄くなっているので、ちょっとしたことで簡単に破れてしまいます。

 

 

 

そのようなことからニキビの部分を守るためには、毎日の洗顔の時に顔をタオルなどで擦らないようにしてください。

 

 

 

同じように額にニキビが出来てしまったときは前髪が当たるとニキビの表面の皮膚が破れることがありますから

 

ヘアーバンドやカチューシャなどを使って髪を上げておきましょう。

 

 

 

アゴの周辺にニキビが出来てしまったら、ブラウスやシャツの襟(えり)がニキビの部分に当たらないように注意してください。

 

 

 

ニキビの表面の皮膚を破って治りが遅くなってしまうだけでなく、洋服の襟に汚れが付着してしまいます。

 

 

 

ニキビをキレイに治すためには、出来るだけニキビに刺激を与えて、皮膚に傷をつけないようにすることが肝心です。

 

 

 

しかし、体質によってニキビがすぐに化膿してしまうという人は、ドラッグストアなどで購入することができる、市販のニキビ治療薬で何とかしようとするよりも、専門の皮膚科などできちんと治療を受けておいた方が安心です。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

ニキビetc...


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る