ニキビ跡とクレーター

ニキビを治す簡単な方法

ニキビ跡とクレーター

読了までの目安時間:約 5分

ニキビを治す簡単な方法 (10)

ニキビの跡が月のクレーターのように凹んでしまっていることがありますが、そのまま放置しておいてもなかなかキレイに治ってくれません

 

いくら流行のファッションを身につけて、しっかりメイクをしていても、アップで見られるとニキビの跡がメイクのしたからでも分かってしまい、恥ずかしい思いをした経験のある女の子もいるのではありませんか。

 

 

ニキビの後を消すためには、美容整形の病院やエステサロンなどで行われている、炭酸ガスレーザーを照射して細胞を活性化するという方法が効果的だといわれていますが、毎日のお肌のお手入れでニキビの後を効果的に解消することが出来ます。

 

 

 

そこで、クレーター状のニキビの跡がなかなか消えずに悩んでいる皆さんにクレーター状のニキビ跡のお手入れの仕方をご紹介してみたいと思います

 

誰でも体の中で成長ホルモンが分泌されて、皮膚の細胞が活性化されると、ニキビの後は徐々に減少して行ってくれるはずなのですが、普段からのスキンケアの方法が間違っていると、皮膚の再生効果が十分に発揮されなくなってしまうために、

 

 

 

皮膚の表面が凹んでいるクレーター状のニキビ跡や、皮膚の内部に赤い斑点が残ってしまう赤ニキビなどがいつまでも消えずに残ってしまうことがあります。

 

 

 

自分の顔からニキビやニキビの跡が無くなってくれたらどんなのスッキリするでしょう。

 

 

 

そのために大切なのは、出来てしまったニキビを大きくしないことと絶対に指などでニキビを潰してしまわないことです

 

ニキビを大きくしてしまう原因の一つが、毎日のメイクで油性の成分が多く含まれている化粧品を使っていることです。

 

 

 

もともと私たちの皮膚の表面には皮脂(ひし)が分泌されていて、お肌の保湿効果の役目をしているのですが、ニキビの出来やすい状態の皮膚は、この皮脂の分泌が過剰に行われている場合が多いのです。

 

 

 

このような状態では、毛穴や汗腺に余分な皮脂が詰まってニキビの原因になる角栓が出来やすくなっているのですが、その上、油性成分の多い化粧品を使用すると、皮膚の表面の油分はさらに過剰になってしまいますから、もっと多くの角栓を作ることになってしまいます。

 

 

 

ニキビを大きくしないためには皮膚に直接、油性成分の含まれている化粧品を使わないことが、効果的な予防方法ですけれど

 

同じようなことはニキビの跡を解消するためにも言えるのです。

 

 

 

ニキビの後をキレイに消すためには、私たちの体が持っている新陳代謝の効果を最大限に発揮して、細胞を活性化することが必要です。

 

 

 

しかし、厚塗りのメイクや油性成分の含まれた化粧品を使用していると、それだけお肌の負担を掛けることになります。

 

 

 

クレーター状のニキビの後はコンシーラーなどを使って隠すよりも、出来るだけお肌に負担をかけずに細胞を活性化することで、体の内側から解消していくことが一番効果的な方法なのです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

ニキビetc...


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る