間違った洗顔ではニキビ治療はできません

ニキビを治す簡単な方法

間違った洗顔ではニキビ治療はできません

読了までの目安時間:約 3分

ニキビを治す簡単な方法 (165)

ニキビができにくい肌になるためには何と言っても正しい洗顔をマスターすることが必要不可欠です

 

洗顔は毎日なんとなく行っているかも知れませんが、ニキビ予防のもっとも重要な要素なのです。

 

 

 

まず洗顔する時に重要なのは、すぐに洗顔料で洗わないということです。

 

 

 

まずは水か体温くらいのぬるま湯で優しく顔を洗い流してください。

 

 

 

洗顔時の高温のお湯は顔の必要な脂分まで洗い流してしまったり、皮膚に刺激が強かったりで良いことがありません。

 

 

 

次にいよいよ洗顔料の登場ですが、この洗顔料の泡立てがポイントです

 

つい手に洗顔料を付けて軽く伸ばして、顔を洗いながら泡だててしまったりしていませんでしょうか?

 

 

 

この洗顔しつつ泡立てるという行為がNGです。

 

 

 

そもそも泡立てて使うものを、泡立てるという抵抗の大きい行為をデリケートな顔の肌で行うというのは、洗うと言うよりも肌を削るに近い行為です。

 

 

 

そのため、手か泡立てネットなどで泡立てた柔らかい泡で顔をなでるように洗ってください

 

ゴシゴシは必要ありません。次に洗い流しですが、これも水かぬるま湯でばしゃばしゃと洗い流してください。

 

 

 

ゴシゴシ落とすのではなく、水で洗い流すようにするのが大切です。

 

 

 

読んでいただくとわかると思いますが洗顔で何より大切なのは、汚れを落とすことが目的であり、ゴシゴシすることではないということです。

 

 

 

皮膚は敏感で繊細なので、強いゴシゴシも熱いお湯も百害あって一利なしなのです。

 

 

 

そのことに気を付けて毎日の洗顔でニキビを予防しましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

正しい洗顔


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る