肌荒れ予防のコツは正しい睡眠法にあった

ニキビを治す簡単な方法

肌荒れ予防のコツは正しい睡眠法にあった

読了までの目安時間:約 3分

ニキビを治す簡単な方法 (158)

肌荒れを起こしてしまうと、肌の水分バランスがおかしくなったり抵抗力が弱まってしまいます

 

そうして肌荒れが原因でニキビもできてしまいます。

 

 

 

そんな肌荒れを起こさないためには、毎日のしっかりした規則正しい睡眠が大切です。

 

 

 

ただし睡眠時間はお仕事だったり学業だったりと、全ての人が常に十分な睡眠時間を取れるわけではありません。

 

 

 

そんな中、睡眠で特に気を付けておく必要があることは睡眠にはもっとも効果的な時間が存在するということです

 

それは、肌荒れではなく精神への影響、体力回復など特に効果があると言われる時間です。

 

 

 

それは、夜の10時から夜中の2時までと言われています。

 

 

 

その時間帯が、一番活発に体内の再生活動が行われると言われているのです。

 

 

 

そのため、肌荒れを起こさないためにも、肌の再生が正常なタイミングで適切に行えるように、しっかりと上記の時間帯に睡眠を取ることが非常に効果的なのです。

 

 

 

特に肌荒れは皮膚の再生のサイクルが遅くなった際に顕著に表れる症状です

 

それは、古い皮膚が新しくなるはずのタイミングでまだ新しい皮膚への再生が行われておらず肌荒れとなります。

 

 

 

そのためしっかりと10時~2時の間に睡眠を取ることで、肌荒れを改善し肌荒れの原因を根本から予防することができるのです。

 

 

 

忙しくて十分な睡眠を取れない場合でも、明け方に眠るよりは早く寝て早起きして活動するようにしたほうが、同じ睡眠時間でも肌荒れを防ぐ効果が非常に大きいです。

 

 

 

そのため、肌荒れ予防にはしっかりと10時~2時の間に眠れるように調整をしましょう。 


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

肌荒れ


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る