ニキビ跡を自然治療するための洗顔法

ニキビを治す簡単な方法

ニキビ跡を自然治療するための洗顔法

読了までの目安時間:約 3分

ニキビを治す簡単な方法 (156)

ニキビの治療法もしっかりと知らない思春期の頃に大量にできた10代ならではニキビ

 

その頃は、どういう洗顔をすることでニキビの予防ができるかも分らなかったし、ニキビができている時に気を付けることもわかりませんでした。

 

 

 

そんな頃にできてしまったニキビの跡が、その後10年・20年たってもまだ顔に残っているのです。

 

 

 

そのニキビの跡を消すための洗顔石鹸がたくさん発売されています

 

ピーリング石鹸と呼ばれるもので、肌の余分な角質を剥がすことで、ニキビ跡の余分な角質を取り除いて正常な皮膚に近づけるのです。

 

 

 

このピーリング石鹸を用いた洗顔が、レーザー治療等を除くとニキビ跡の治療としては、ピーリング石鹸が有力です。

 

 

 

ただし普通の洗顔でも気をつけないと顔の皮膚にダメージを与えてしまうものですが、このピーリング石鹸はさらに角質を剥がすという効果があるため、しっかりと気を付けて行わないと肌に予期せぬダメージを与えてしまうことがあります。

 

 

 

特に最初はピリピリするような刺激を洗顔時に感じることがあります

 

このピリピリ自体は大きな問題では無いですが、それだけ洗顔に皮膚が反応しているということですので、最初から広い範囲でたくさん行うのではなく、日を置きつつ徐々に範囲を広げていきましょう。

 

 

 

まずは皮膚の丈夫なおでこなどがお勧めです。

 

 

 

また洗顔時ですが、洗顔ネット等を用いてきめの細かい泡を作ってゴシゴシすることなく泡でなでるように洗ってください。

 

 

 

ここでゴシゴシ洗いをしてしまうと余分な角質どころではなく必要な皮膚まで痛めてしまう可能性があります。

 

 

 

その点は良く注意して洗顔してください。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

正しい洗顔


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る