正しい洗顔を知ることがニキビ予防のポイント

ニキビを治す簡単な方法

正しい洗顔を知ることがニキビ予防のポイント

読了までの目安時間:約 3分

ニキビを治す簡単な方法 (155)

一言で洗顔といっても、いろいろ考えることがあります

 

まずどれくらいの頻度で洗うのが良いのかとか、毎回石鹸・洗顔料を使うのが良いのか・・・。

 

 

 

もちろんその人の肌の強さや体質によるので一概には言えませんが、一つ共通して言えることが、洗い過ぎは良くないということです。

 

 

 

大人のニキビの原因は、洗顔のし過ぎが主の原因であると言われるくらい過度の洗顔は危険です。

 

 

 

キレイになるのだからいいんじゃないかと思いがちですが肌は常に適度な油分と水分に保たれている必要があるのです

 

それを洗顔し過ぎてしまうと必要な油分と水分が失われてしまい皮膚が乾燥し、弱ってしまうのです。

 

 

 

そうなるとニキビなどができやすい状態になってしまいます。

 

 

 

そうしてニキビができると、キレイにしないと思ってさらに洗顔してしまい乾燥が進み、ニキビを治すどころかどんどんニキビができやすい肌環境になってしまいます。

 

 

 

折角キレイにしようと思ってした洗顔でニキビや吹き出物ができてしまっては意味がありません

 

そうならないように正しい洗顔を覚えましょう。

 

 

 

まず石鹸や洗顔料を使った洗顔は、1日1回寝る前だけで十分です。

 

 

 

特に朝は体内の水分が失われがちなので洗顔料で気合いを入れた洗顔をすると一気に水分が失われてしまって乾燥肌一直線です。

 

 

 

そのため、朝の洗顔はぬるま湯のみで洗うのがお勧めです。

 

 

 

夜は外で活動して汚れも付いているので、しっかり洗顔しましょう。

 

 

 

そして洗顔後の保湿を忘れずに。正しい洗顔を覚えてニキビや吹き出物を予防しましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

正しい洗顔


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る