あなたの肌のタイプに合わせた洗顔法を見つけよう

ニキビを治す簡単な方法

あなたの肌のタイプに合わせた洗顔法を見つけよう

読了までの目安時間:約 3分

ニキビを治す簡単な方法 (153)

ニキビというとオイリー肌や混合肌の人にできるイメージですが乾燥が原因になるニキビもあり、乾燥肌の人にもニキビはできます

 

また、自分はオイリー肌だと思っていても、調べてみると実は乾燥肌だったいうこともあります。

 

 

 

ニキビを予防するためには、自分の肌質にあった洗顔が大切です。

 

 

 

オイリー肌の人は

 

皮脂量、水分量ともに多い傾向にあり、多い皮脂が毛穴に詰まってしまい、ニキビの原因になります。

 

 

 

オイリー肌の人の洗顔はクレンジングの後、蒸しタオルを使って毛穴を開かせて、しっかりと泡立てた洗顔料で、皮脂の多い部分から洗顔していきます。

 

 

 

洗顔後はしっかりすすぎ、最後に冷水で2、3回洗うと、毛穴が引きしまり、皮脂の分泌を減らすことができます。

 

 

 

オイリー肌の人は、洗顔後、乾燥しないからとすぐにスキンケアを行わない人がいますが、洗顔によって肌の油分が取り除かれているので、放っておくと、過剰に皮脂が分泌され、ニキビの原因になります。

 

 

 

乾燥肌の人は

 

皮脂量、水分量ともに少ない傾向にあり肌のバリア機能である油分を補給しようと、過剰に皮脂が分泌され、ニキビの原因になります。

 

 

 

乾燥肌の人は、乾燥が原因で肌のバリア機能が低下しているため、少しの刺激でもダメージを受けてしまいますので、ゴシゴシ洗顔は厳禁です。

 

 

 

洗顔する時のお湯の温度も体温に近い35~36℃のお湯を使い、しっかり泡立てた洗顔料で優しく洗顔してください。

 

 

 

洗顔後はできるだけ早くスキンケアし、化粧水の後には乳液やクリームで油分を補給するようにしましょう。 


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

正しい洗顔


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る