冬の肌荒れは水分量に注意しよう

ニキビを治す簡単な方法

冬の肌荒れは水分量に注意しよう

読了までの目安時間:約 2分

ニキビを治す簡単な方法0001 (181)

ニキビは夏のものだと思っていませんか?

 

実は、冬もニキビの季節なんです。冬の空気に触れて、水分量の減ったお肌は肌荒れの症状を生むだけでなく、毛穴のやわらかさを奪ってニキビができやすい状態になってしまいます。

 

冬の乾燥は、肌荒れとニキビの両方を呼び込んでしまうのです。ではどうしたら、冬のお肌を肌荒れやニキビから守ることができるのでしょうか。そう、肌荒れの基本、保湿ケアをしっかりすればいいのです。冬の乾燥の肌荒れやニキビさんには、まず化粧水でしっかり水分補給をします。

 

そしてその上から、必ず保湿クリームを塗りましょう

 

こうやって、入れた水分に蓋をすることで肌荒れ知らずのうるうる肌が出来上がります。このとき保湿クリームを塗りすぎると、毛穴をふさいでしまい肌荒れやニキビを悪化させる原因になりますのでできるだけ薄く塗るように心がけましょう。冬は特に空気が乾燥するので、肌荒れに悩む人などは特に小まめに保湿してあげるようにすると効果的です。

 

また、肌荒れお肌は、健康なお肌よりもさらに水分が飛んでいきやすい状態になっています。水分たっぷりの新しいお肌に早く生まれ変わるようにビタミンB2をとって、しっかり睡眠をとることも大切です。冬はしっかり保湿で、肌荒れもニキビもケアしていきましょう!


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

肌荒れ


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る