白いニキビや他のニキビってどんな違いがあるんだろう?

ニキビを治す簡単な方法

白いニキビや他のニキビってどんな違いがあるんだろう?

読了までの目安時間:約 3分

ニキビを治す簡単な方法0001 (197)

ニキビというと、どんなものを想像しますか?

 

おでこにあるプツプツの白ニキビ?高校球児のほっぺたの、赤いニキビ?小鼻に脇にできた黒いニキビ?それとも、跡になってしまったクレーター状の元ニキビでしょうか。ニキビには状態によって様々な呼び名があります。

 

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ・・・。白ニキビというのは、毛穴に皮脂が過剰に詰まった状態です。

全てのニキビは白ニキビから始まります。白ニキビの状態で治ってしまえば、痛みもなく、跡も残りません。

 

この白ニキビの毛穴が開き、汚れが毛穴に詰まったのが黒ニキビです。この状態のニキビは、皮脂が外気にふれ、雑菌が繁殖しやすい状態です。白ニキビに比べ不衛生な状態なので、悪化してしまう危険が高いです。

 

この黒ニキビや白ニキビに雑菌が繁殖し、炎症を起したのが赤ニキビです

 

ニキビそのものが赤くぷっくり盛り上がって見えますがニキビの周りの部分まで赤く炎症を起すこともしばしばあります。白ニキビの状態で治れば痛みもないのですが赤ニキビの状態になると、痛みを感じることもあります。

 

また、この状態で潰すと、跡が残ってしまうことがあります。赤ニキビが化膿して、毛穴に膿がたまってしまったのが黄ニキビです。ここまでくると、痛みも強く、周りの赤い部分も大きくなってきます。

 

炎症が周りにどんどん広がり、重症化すると跡が残ってしまいます。ニキビはなるべく白ニキビのうちに治療したほうが、治療も早く痛みや跡が残る可能性も少なくなります。白ニキビを見つけたら、できるだけ早く対処しましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

白ニキビ


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る