ほどほど洗いの洗顔法でニキビを撃退しよう

ニキビを治す簡単な方法

ほどほど洗いの洗顔法でニキビを撃退しよう

読了までの目安時間:約 3分

ニキビを治す簡単な方法0001 (115)

思春期の頃と比べて、大人になってからできるニキビはその原因も対策方法も違ってきます

 

思春期のニキビは、ホルモンバランスの変化によって起きる過剰な皮脂の分泌がその主な原因です。

 

ところが、大人になってからのニキビは生活習慣や食生活などによって引き起こされる過剰な皮脂の分泌と、肌の乾燥や老化が原因なのです。

 

ですから、ニキビ対策の基本である洗顔も思春期のように、「とにかく清潔にしておくことが大切」なだけではなくもう一歩大人ニキビのための洗顔テクニックを知っておくべきなのです。

 

大人のための洗顔テクニックとして重要なのは「肌に必要なものを奪わない」「保湿」この2点。

 

この2点を心がけながら、清潔を保つ洗顔について考えましょう。

 

1.洗いすぎないゴシゴシ洗いや、刺激の強い洗顔料、1日に何度も行う洗顔。これらは肌を傷つけ、肌を乾燥させてしまいます。洗顔は1日に2回程度を目処に行うようにしましょう。

 

2.残さない洗顔料が肌に残って肌トラブルの原因となることがよくあります。特に生え際などにのこった成分が、ニキビを引き起こしやすいので洗顔の後はとにかくよくすすぐことを心がけましょう。

 

3.化粧水と保湿クリームニキビは肌を乾燥させておくと治ると思っている人も多いのですが大人ニキビの原因のひとつは、肌の乾燥です。

 

洗顔の後はきちんと水分を補って、保湿クリームで蓋をすることで肌の水分量をちゃんとキープしておきましょう。ただし、このクリームを毛穴に塗りこめてしまうような方法はまたニキビの原因となりますので、注意しましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

正しい洗顔


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る