大人ニキビなどの肌荒れは生活習慣の悪化が原因

ニキビを治す簡単な方法

大人ニキビなどの肌荒れは生活習慣の悪化が原因

読了までの目安時間:約 3分

ニキビを治す簡単な方法 (134)

肌荒れやニキビは顔など人目につくところにできてしまうので不健康な印象を与えてしまい、自分も鏡を見るたびに気になります

 

女性の場合は、メイクをする時に、メイクののりが悪い、化粧水の浸透が悪いなど、肌荒れを実感することが多いのではないでしょうか。

 

 

 

肌荒れやニキビの原因は、10代、20代前半の若い頃は、皮脂の余分な分泌が原因になることが多いですが、大人の肌荒れ、ニキビの原因は、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどによって肌の免疫機能が低下することが主な原因です。

 

 

 

肌の免疫機能が低下すると、4週間のサイクルで繰り返されるターンオーバーが遅くなり、肌に古い角質や皮脂が残ってしまい、保水力や皮脂腺の働きが低下して、乾燥したカサカサの肌になり、肌荒れを起こしてしまいます。

 

 

 

また、肌に残った古い角質や皮脂が毛穴に詰まると、ニキビの原因になります。

 

 

 

他にも、喫煙や便秘なども肌荒れやニキビの原因になります。

 

 

 

肌荒れや大人ニキビを改善するためには、生活習慣や食生活を見直し規則正しい生活を送ることが大切です

 

肌荒れを予防するためには、コラーゲンを多く含む食品や、抗酸化作用のあるビタミンCを含む食品を摂ることが有効です。

 

 

 

また、肌の健康を保つために欠かせないビタミンAやビタミンB2も肌荒れに効果的です。

 

 

 

肌荒れを予防するためには、十分な睡眠時間も必要です。

 

 

 

食生活を整えて、規則正しい生活をおくることで、肌荒れや大人ニキビは予防することができます。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

肌荒れ


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る