白ニキビの芯、コメドってどんなもの?

ニキビを治す簡単な方法

白ニキビの芯、コメドってどんなもの?

読了までの目安時間:約 3分

ニキビを治す簡単な方法0001 (160)

ニキビと長く付き合っているニキビマイスターの方には常識ですが

 

 

ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビといった症状によって様々な呼び方が存在します。

 

 

 

白ニキビは、出来立てのニキビ。

 

 

 

毛穴に皮脂がつまった状態ですね。黒ニキビは、白ニキビの毛穴が開いて汚れが付着しているもの。

 

 

 

赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビに雑菌が繁殖して炎症を起こしているもの。

 

 

 

それぞれのニキビですが、今回は基本の白ニキビについて見てみましょう

 

 

 

白ニキビは、お肌の生まれ変わりバランスが崩れて肌が角質化してしまい、そこに皮脂がつまってしまった状態です。

 

 

 

肌がこんもり盛り上がって、白く見えるから白ニキビと呼ばれています。

 

 

 

この白ニキビの芯、「コメド」とも呼ばれるのですが清潔にしていれば、取り除いて潰すことも可能なのです。

 

 

 

ただし、汚れた手や爪などで無理やり潰してしまうと白ニキビに汚れや菌が付着して、赤ニキビになってしまい白ニキビの状態よりも治療が難しく、跡が残ることすらあります。

 

 

 

ニキビを見つけたら、とにかく清潔にすることがたいせつです。

 

 

 

芯の状態をよく見て、炎症を起こしていない状態であれば清潔なピンセットなどで丁寧に潰してしっかり消毒などのケアをしておくとよいでしょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

白ニキビ


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る