ニキビの進行度合いによって白ニキビなど呼び方が変わります

ニキビを治す簡単な方法

ニキビの進行度合いによって白ニキビなど呼び方が変わります

読了までの目安時間:約 3分

ニキビを治す簡単な方法0001 (64)

ニキビは、その進行度合いによって

 

 

 

「白ニキビ」「赤ニキビ」「黒ニキビ」などと様々な呼ばれ方があります。

 

 

 

「白ニキビ」は出来てすぐのニキビのことで毛穴に皮脂が詰まって、外に出られない状態のことを指します。

 

 

 

白ニキビの状態では、まだ雑菌に感染したり、汚れが付着していないので痛みや炎症が起きていることはほとんどありません。

 

 

 

白ニキビは生活習慣の改善や、簡単なスキンケアだけでなくなってしまうことも多く、清潔に潰せば何の問題もありません

 

 

 

ところが、毛穴が開いて汚れが付着していくと白ニキビは黒ニキビへと変化します。

 

 

 

この状態では、スキンケアがとても重要で皮脂や汚れをきちんと取り除いて乾燥させることで白ニキビよりも、より早く綺麗になることすらあります。

 

 

 

黒ニキビや白ニキビを放置していたり、強い刺激を与えたり、あまり清潔でない状態にしていると雑菌が繁殖して、赤ニキビとなってしまいます。

 

 

 

白ニキビと違い、赤ニキビになってしまうと痛みや炎症に悩まされ、肌に触るのもつらい人も出てきます。

 

 

 

白ニキビのときは気づかず、赤ニキビになって気づく人もいます

 

 

 

赤ニキビになってしまうと、ケアの仕方によっては跡が残ったり、治るまで長い時間がかかることもありますのでできるだけ、白ニキビのうちにケアしておくことが大切です。

 

 

 

もちろん赤ニキビも、正しいスキンケアと生活習慣で改善することができますが症状がひどいときは、迷わず皮膚科にご相談することをオススメします。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ : 

白ニキビ


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る