正しい洗顔で保湿ケアをする4つのコツ

ニキビを治す簡単な方法

正しい洗顔で保湿ケアをする4つのコツ

読了までの目安時間:約 4分

ニキビを治す簡単な方法0001 (66)

ニキビケアとして、一番最初に思い浮かぶのが「洗顔」ですよね

 

できてしまったニキビの脂分を取り除いたり雑菌や汚れを取り除いて、悪化を防いだりと洗顔のもつ効果はとても大きいものがあります。

 

 

 

そんな洗顔ですが、もちろん予防にも効果があります。

 

 

 

普段から正しい洗顔をすることで、ニキビのできないつるつる卵肌をめざしましょう。

 

 

 

<1:ぬるま湯で洗おう>

 

洗顔の際は、水よりもぬるま湯を使いましょう。

 

 

 

お湯を使うことで、毛穴を広げて汚れや皮脂を落としやすくします。

 

 

 

また、洗顔料を使う前に、十分に顔と手をぬらしておきましょう。

 

 

 

<2:よく泡立てよう>

 

男性の場合特に、ゴシゴシと洗顔する人が多くいます。

 

 

 

ゴシゴシ洗顔は、肌を痛め、ニキビや肌荒れの原因となります。

 

 

 

必ずよくあわ立てて、手と肌が直接触れないように泡でやさしく汚れを包んでいきましょう。

 

 

 

泡立てるのが苦手な方は、泡で出てくる洗顔料を購入してもいいでしょう。

 

 

 

<3:しっかりすすごう>

 

洗顔では、どうしても汚れを落とすことに力を入れがちですが洗う時間と同じぐらい、すすぎにも時間をかけましょう。

 

 

 

すすぎ残した洗顔料は、毛穴の汚れとなり、ニキビの原因にもなります。

 

 

 

<4:毛穴を引き締めよう>

 

洗顔の最後には、冷たい水で顔を洗って引き締めましょう。

 

 

 

血管がしまることで、血行がよくなりますし開いた毛穴を締めることで、汚れがつまりにくくなります。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ : 

正しい洗顔


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る