ニキビと吹き出物って何が違うの?

ニキビを治す簡単な方法

ニキビと吹き出物って何が違うの?

読了までの目安時間:約 3分

ニキビを治す簡単な方法 (119)

ニキビと吹き出物の違いは

 

学生の頃はニキビで社会人になれば吹き出物とか10代はニキビで20代になると吹き出物だと言われ、発症する年齢によってニキビと吹き出物を分けているようですが、実際にはどうなのでしょうか?

 

 

 

ニキビと吹き出物の原因は、皮脂と細菌が原因です

 

皮脂が多く分泌されると、毛穴に詰まって塞いでしまいます。

 

 

 

この詰まった毛穴の中で細菌が感染して、ニキビや吹き出物ができるのです。

 

 

 

ニキビと吹き出物はできる原因は同じで、医学的にも座瘡と呼ばれ同じ疾患に分類されています。

 

 

 

では、ニキビと吹き出物の違いは何なのでしょうか?

 

どちらも過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせ、塞いでしまうことで起こるのですが、ニキビと吹き出物では、皮脂の分泌のされかたに違いがあります。

 

 

 

ニキビは、10代の思春期を中心に男性ホルモンの働きが活発になり皮脂が過剰に分泌され、毛穴を詰まらせることが原因です。

 

 

 

これに対して、吹き出物は20歳以上にできやすく、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などの様々な生活習慣が原因で、肌のターンオーバーが遅くなり、肌に残った古い角質や皮脂が毛穴に詰まってしまうことが原因です。

 

 

 

思春期を過ぎると、ホルモンのバランスが安定し、ニキビはできないはずです。

 

 

 

ところが、思春期を過ぎてもストレスや生活習慣の乱れが原因でホルモンのバランスが崩れ、吹き出物ができてしまうのです。 


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

吹き出もの


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る