ニキビ改善で知っておきたいグリセリンの効果と副作用

ニキビを治す簡単な方法

ニキビ改善で知っておきたいグリセリンの効果と副作用

読了までの目安時間:約 45分

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (259)

 

 

 

 

ニキビ治療薬として市販されている薬の多くにはグリセリンという成分が含まれています

 

ニキビ改善に悩むみなさんは治療薬の主成分を気にしたことはありますか?

 

 

 

ニキビ改善だけでなく化粧水や保湿クリームなどお肌にいくつものコスメ商品を使っている場合にはどんな成分が使われているのか気におかなければ製品の持つ副作用や注意点に気付くことも大変になってしまいます。

 

 

 

今回紹介するのはグリセリンについてですが、これは他の様々な成分にも共通することなので、ぜひそういったことを気をつけながらグリセリンの正しい知識について勉強してもらえればと思います。

 

 

 

そうした正しい知識をつけていくことがニキビの改善や予防にも繋がっていくからです。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (247)

 

 

 

ニキビ改善の悩みを持つ方の多くは「グリセリン」という成分についてあまり気にしたことはないと思います

 

グリセリンは化粧水や保湿クリームなどニキビ以外の薬用化粧品にもよく使われている成分ですし、成分表を気にする方でもこれだけ多くの製品で使われていれば安全で必要なものなのだろうと特別気になることもありませんからね。

 

 

 

でも、最近になってこのグリセリンがお肌に悪影響を及ぼしているのではないかという研究結果や、グリセリンの効能や副作用についても知っておくべきという話題が広まりつつあります。

 

 

 

良いと思って配合されてきたグリセリンにも悪影響が出る可能性があるなら、利用者である私達はどんなことをしていけばいいのでしょうか?

 

 

 

今回はこのグリセリンについてニキビ改善の視点からどのような効果があってどんな副作用が考えられるのか、グリセリン治療薬を使うメリットデメリットについてご紹介いたします。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (245)

 

 

 

まずは、なぜグリセリンが多くの薬用化粧品に使われているのか考えてみましょう

 

グリセリンを配合する理由としてはその保湿性の高さが一番大きな理由となっています。

 

 

 

化粧水や保湿クリームにもグリセリンが使われているのはグリセリンの持つ保湿性によりお肌に潤いを与えるためだったのです。

 

 

 

ニキビ改善薬でも同様の理由でグリセリンを配合することにより肌を保湿し、肌の持つ抵抗力や回復力を高めることを目的として使われてきました。

 

 

 

薬用化粧品を使った後にお肌がしっとりとしているのはグリセリンの効果によるものだったんですね。

 

 

 

お肌に水分を与えるだけではすぐに外気へと水分が逃げていってしまうのですが、グリセリンがその水分をそのままキープしてくれるので肌細胞が乾燥することなく本来の役割を発揮する助けとなってくれるのです。

 

 

 

このようにグリセリン自体は本来コスメ化粧品の目的に合わせて役に立つ成分としてその保湿力を発揮してきてくれていました。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (243)

 

 

 

そのニキビ改善薬や化粧品にとって重要な役割を持つグリセリンが「良くないもの」と言われ始めたのはいくつかの理由があります

 

一つはグリセリンという成分自体は元々肌細胞に大量に含まれるものではないということ。

 

 

 

ニキビ改善薬や化粧品類によって本来の肌細胞が持つよりも大量のグリセリンが含まれるようになった肌細胞やそのグリセリンが残っている表皮では副作用とも言うべき悪影響が起こりうるということです。

 

 

 

そしてもう一つの理由がかなり衝撃的なのですが、グリセリンがお肌に悪影響を与えている悪玉菌の栄養供給源になっているのではないかという研究結果が出たという理由です。

 

 

 

グリセリンで悪玉菌が増えるなんてショックですよね。

 

 

 

でも、今でもグリセリンはコスメ商品に使われ続けていますからこうした副作用から身を守るためには自分自身ですべきことをしていかなければなりません。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (244)

 

 

 

これまで当たり前のように使われていたグリセリンがお肌に悪影響を与えているという懸念が出てきました

 

つまり、ニキビ改善薬を使っているのに治らない、もしくはニキビ改善薬を使う前よりも悪化してしまった原因としてこれからはグリセリンも可能性の1つとして考えていかなければなりません。

 

 

 

例えば、化粧水を使うことによりグリセリンが増えすぎてしまったことが原因で肌細胞のサイクルに不調が出た結果がニキビなのかもしれませんよね。

 

 

 

「ニキビ改善薬を使っても治らない」のはニキビの原因がいつも使っている化粧品類が原因かもしれないのです。

 

 

 

もし、グリセリンにより悪影響が出ている場合にはグリセリンフリーの化粧品を試すことでニキビの改善が見られるようになるでしょう。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (261)

 

 

 

ここで、グリセリンが悪玉菌の栄養になっているという点について詳しく紹介しておきたいと思います

 

具体的にどんな研究結果が出たのかというとお肌に良くない菌として知られるアクネ菌にグリセリンを与えたところ、含まない状態やデンプン等の他の栄養となる成分と比べて約4倍も高い資化性が認められたのです。

 

 

 

資化性とは菌が行う新陳代謝のことで資化性が高いほど活動が活発になっているということになります。

 

 

 

グリセリンを与えるとアクネ菌の活動が活発になってしまうのですから、お肌にグリセリンを与えてしまうとこうした悪玉菌の活動も活発になってしまうので大変ですよね。

 

 

 

アクネ菌と言えばニキビの原因菌としてよく知られていますが、実は肌表面のph値を乱す原因菌となっています。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (260)

 

 

 

肌表面のph値がグリセリンによって増殖したアクネ菌により乱れてしまうと

 

本来は外敵から守るために弱酸性となっているはずの肌表面のph値が崩れてくるため、他の病原菌を寄せ付ける結果となるのです。

 

 

 

アクネ菌が増殖する理由としてはグリセリン以外にはヒトが分泌する皮脂によるものがあります。

 

 

 

思春期からニキビが増えてしまうのも皮脂の分泌が増えることが大きな原因になっているのですが、せっかく顔を洗うなどして余分な皮脂を洗い流してもグリセリンの含まれる薬用化粧品を塗ることで洗顔の意味を成さないという事態が起こってきます。

 

 

 

結果ニキビが増えてしまい、そこにさらにニキビ改善薬としてグリセリンが配合されたものを使えば同様のサイクルが起きてしまいます。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (262)

 

 

 

アクネ菌を増殖させるとなぜ他の悪玉菌も増えてしまうのかというと、アクネ菌の働きにより本来肌を守っているはずの皮脂の分泌を止めてしまうからです

 

アクネ菌は皮脂などの栄養分を分解する際に遊離脂肪酸を作り出し、この遊離脂肪酸は毛穴を閉じる性質があるため皮脂の供給を止めてしまいます。

 

 

 

皮脂の分泌が止まれば弱酸性だった肌のph値が崩れるため先ほど述べたように肌表面が他の悪玉菌にも住める環境となってしまうのです。

 

 

 

一方アクネ菌は毛穴の中で分泌された皮脂を食べ増殖を繰り返していきます。

 

 

 

閉じた毛穴の中ではアクネ菌が増えていき炎症を引き起こしニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (263)

 

 

 

グリセリンには肌に潤いを与えるという重要な役割があるのも確かですが

 

一方で肌に悪影響を与えるアクネ菌等の温床を作る原因となってしまっているのでは化粧品としては意味がありません。

 

 

 

特にニキビで悩んでいる方によっては本来追い出さなければならないアクネ菌の栄養分を与えてしまっていたのですから信じられないことですよね。

 

 

 

ニキビ改善薬にもグリセリンが使われていることが多いのでグリセリンが含まれているかどうか調べておく方がいいでしょう。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (264)

 

 

 

また、グリセリンを避けるべき理由として保湿をし過ぎてしまうということも言及されています

 

「保湿はすればするほどいいものじゃないの?」と思うかもしれませんが、保湿も適度なところでやめておかなければ肌の持つ本来の力を妨げてしまうのです。

 

 

 

肌は元々自分自身を守るための機能も備わっています。

 

 

 

ただ、寝不足やストレス等により一時的にその機能が損なわれてしまうと肌の持つ防衛機能がうまく働かなくなりニキビなどのトラブルが続いてしまうのです。

 

 

 

ですから、グリセリンを使うことで肌の回復を助けて上げることで本来の肌の防衛機能が働くように戻してあげるだけで十分なのです。

 

 

 

保湿が十分にできているところまでさらに保湿をする必要性があるのかどうか考えてみるといいかもしれません。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (265)

 

 

 

グリセリンはニキビ改善薬などの化粧品の中で水の次に多く含まれている成分です

 

つまり、一番与えすぎてしまいやすい成分と考えていいでしょう。

 

 

 

例えば、近年注目されているセラミドやヒアルロン酸などの含まれた美容液や保湿クリームを使う時には、ついつい良い成分が含まれているからと適量よりも多い分量を手にとってしまったという経験はみなさんあるかと思います。

 

 

 

しかし、実際には肌まで浸透できずに主成分であるグリセリン等が肌表面に多量に残されてしまうという結果になってしまうのです。

 

 

 

適量であればグリセリンに肌細胞を保湿する効果を発揮させてそれでいいのですが、それ以上の分量を使ってしまうと肌表面に無用なグリセリンが残り肌の新陳代謝などを阻害してしまう結果になります。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (266)

 

 

 

潤いを保ちすぎてしまえば肌細胞から見てもグリセリンが表皮に残りすぎることで本来の防衛機能を発揮する必要がないと勘違いしてしまいます

 

また、グリセリンは水分そのものではなく保湿力を持つ成分でしかありません。

 

 

 

表面に水分の失われたグリセリンが残ってしまうと、グリセリンはなんとかして水分を戻そうとします。

 

 

 

一番近くにあるのが肌細胞ですからグリセリンが肌から水分を奪う可能性も考えられるのです。

 

 

 

こうしたことが長期間続けば外気から肌を守るための仕組みが機能しないようになってしまいます。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (267)

 

 

 

一番理想的な形としては肌に足りないものを化粧品類で補ってあげて、あとは肌自身の持つ力で美しさを保つことです

 

必要以上の分量を付けすぎたところで意味はありませんし、グリセリンのように本来の目的とは違った悪影響を及ぼしかねないことは知っておくべきですね。

 

 

 

肌は乾燥から守ることで美しさを守ったり回復力を維持してあげることができます。

 

 

 

ニキビ改善でもこれは共通しているのでグリセリンの正しい使い方として付けすぎないようにすることはよく覚えておきましょう。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (268)

 

 

 

最近はグリセリン原液を使った手作り化粧水の話題もよく目にします

 

化粧水の主成分は水とグリセリンなので自分で手作りをすれば市販品と同様の効果を持つ化粧水を自分で作ることもできるのです。

 

 

 

余計な成分が入っていないため安心して使えるメリットもありますし、材料は薬局等で手軽に入手できる点も人気の理由のようです。

 

 

 

ただし、こうした手作りグリセリン化粧水を作るときにもグリセリンの性質をよく理解しておかなければなりません。

 

 

 

グリセリンはあくまでもお肌の保湿力を助けるだけで水分の補給にはならないからです。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (276)

 

 

 

「グリセリンは保湿力が高い」と聞くと、グリセリンの分量を多めにして保湿力を更にアップさせようなんて思いつくかもしれません

 

しかし、グリセリン自体には水分が含まれていないため肌細胞にグリセリンばかりが供給されても水分不足は解消されないのです。

 

 

 

逆にグリセリンを大量に入れた水分不足の化粧水を肌に使うと、グリセリンが肌細胞から水分を奪い始めてしまいます。

 

 

 

ニキビなどのトラブルが起きているところにこうしたことをやったら大変ですね。

 

 

 

乾燥にも負けない丈夫な肌を作るつもりでグリセリンを増やした結果、さらに肌の乾燥を招いてまた別の肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

 

 

 

こうしたことはグリセリンに限ったことではありません。

 

 

 

手作り化粧品でお肌のケアやニキビ改善をする場合には分量を守ることをおすすめします。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (277)

 

 

 

「グリセリンが悪玉菌の栄養源になっている」点と「グリセリンの与えすぎによる悪影響」について紹介しましたが

 

これらを合わせて考えてみると、グリセリンを使うことで引き起こされる負のサイクルが見えてきます。

 

 

 

グリセリンの与え過ぎにより肌の防衛機能が損なわれ始めアクネ菌などが住み着き始めます。

 

 

 

アクネ菌は肌表面に残るグリセリンを栄養源として活動が活発になっていき、さらに肌環境を悪化させていきます。

 

 

 

アクネ菌が皮脂を分解すると肌のph値を崩す成分が生成され、弱酸性だった肌が次第に弱アルカリ性へと変わっていきます。

 

 

 

弱アルカリ性はアクネ菌やブドウ球菌などの悪玉菌が住みやすい環境で、悪玉菌はさらにその影響を肌全体に広げていきます。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (278)

 

 

 

アクネ菌が増えすぎた結果、毛穴が詰まってニキビが発生します

 

ニキビになると毛穴が炎症を起こし、肌を守るはずだった皮脂も十分に分泌されないようになります。

 

 

 

こうした状況の中さらにグリセリンを適量以上に使ってしまうとこうした悪玉菌を肌に定着させてしまうだけになるのです。

 

 

 

このグリセリンはニキビ改善薬にも含まれていることが多いため、こうした菌が住み着いている環境で使えば副作用も起こりえます。

 

 

 

ニキビ改善薬が効かないことがあるのは改善薬が必ずしもニキビに対して良い影響を与えているわけではないためです。

 

 

 

これは最悪のケースを想定したものですがこうした負のサイクルが続いてしまえばにきび治療や肌のトラブルを治すのはさらに困難になっていくことがわかると思います。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (283)

 

 

 

ニキビ改善薬で個人差が出てしまうのも肌環境によって効果と副作用がどういったバランスで起こるのか違ってくるためです

 

例えば、化粧水などで保湿自体は十分されているといった場合にはニキビ改善薬などで余計なグリセリンを与えてしまうと逆効果になりますよね。

 

 

 

与えすぎたグリセリンをエサにしてアクネ菌が増えてしまうのでニキビが治らないもしくはニキビが増えて悪化することもあります。

 

 

 

保乾燥肌で保湿ができていないためニキビが増えていたのであれば、ニキビ改善薬に含まれるグリセリンが肌の機能を取り戻す助けになるかもしれません。

 

 

 

これは使ってみないとわからないことでもあるので難しい問題ですが、長期的に使っても治らないといった場合には肌との相性が悪いと考えた方がいいでしょう。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (284)

 

 

 

ただ、相性が悪いことが分かったとしても「なぜ自分の肌に合わないのか?」を知ることはとても難しいですね

 

グリセリンを原因として疑うことはこれまで紹介したように重要なことなのですが、本当にグリセリンが原因かどうかを知るためにはこれまで使ってきたニキビ改善薬や化粧品類の成分を見ることが大切な行動になります。

 

 

 

成分表を見ると多くの製品にグリセリンが含まれることが多く、今のところグリセリンフリーの商品の方が珍しくなっています。

 

 

 

なので、あれもこれも色々試してみたけれどダメだったという場合にはグリセリンを疑ってみるといいでしょう。

 

 

 

また、化粧水や保湿クリームにグリセリンが含まれている場合には付けすぎなどに気をつけて、「使い方」を改善することもおすすめします。

 

 

 

グリセリンが保湿力を持つことは確かなので悪いことばかりではないからです。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (285)

 

 

 

グリセリンはその保湿力によって肌に良い影響を与えてくれますし、場合によっては肌の環境を乱す原因にもなるということです

 

普段使っているグリセリン配合の化粧品を使うのをやめてしまえば肌が乾燥にさらされますから、「悪影響があるなら使わない」と考えてしまうのはやはり間違った行動になるでしょう。

 

 

 

分量を自分の肌に合わせていけばグリセリンの悪影響を減らせるかもしれません。

 

 

 

これは化粧品は使えば好転すると思っていた方にはできなかったことです。

 

 

 

使い方を誤れば副作用も引き起こされると考えれば、どれを使うかとうだけではなくその使い方にも注意して適切な使い方を見つけられるようになりますからね。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (288)

 

 

 

ニキビ改善薬でも同じことで使えば使うほど治療が進むと勘違いしていては肌のためにはなりません

 

ニキビそのものに注目をしてピンポイントで改善薬を使っても治療が進まないことはどうしても起こりうることだからです。

 

 

 

例えば、ニキビの原因であるアクネ菌はその温床となっている環境そのものを改善していかなければ根本的な治療には繋がりませんよね。

 

 

 

そう考えると普段使っている化粧品や洗顔料など原因に繋がっていそうなものを調べていくことも治療には不可欠なのです。

 

 

 

アクネ菌が繁殖してしまっている肌にグリセリン配合のニキビ改善薬を大量に使ってしまえば、グリセリンはその保湿効果を発揮する効能よりもアクネ菌のエサとなるデメリットの方が大きくなってしまうでしょう。

 

 

 

ニキビ改善においても成分の性質を理解して使い方を工夫しておくことが重要です。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (286)

 

 

 

これまで使ってきた化粧品やニキビ改善薬を見返してみて「グリセリンが原因かもしれない」と思った方はグリセリンフリーの化粧品についてチェックしてみることをおすすめします

 

グリセリンフリーとは保湿剤としてグリセリンを一切使用していない製品のことで、グリセリンの代わりとなる成分が保湿剤として配合されています。

 

 

 

グリセリンフリーといった場合には保湿剤に違いがあるだけなので、それだけでグリセリン配合化粧品と比べて効果が違うのかというとそうではないのですが、グリセリンの副作用から肌を守るための選択肢の一つとなっています。

 

 

 

グリセリンの代わりとなる保湿成分が含まれているので保湿効果を落とすことなく、グリセリン特有の問題を回避できるかもしれない製品ですね。

 

 

 

グリセリンフリーを使うことで改善のきっかけになるかもしれないと、グリセリンフリー商品を試す方も多いようです。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (287)

 

 

 

グリセリンフリーの化粧品では一体どんな成分が使われているのでしょうか?

 

グリセリンの代替となる成分としてBG(ブチレングリコール)が使われている化粧品があります。

 

 

 

天然成分ではないのですが肌に対して低刺激でグリセリンに劣らない保湿性を持ち、グリセリンにはなかった抗菌性も持っています。

 

 

 

一般的な化粧品ではグリセリンだけでなく、BGの抗菌性を防腐剤として利用している製品も少なくありません。

 

 

 

グリセリン同様に一般的に使われている成分なので安心して使いやすいということでグリセリンフリー化粧品の中では大きな存在感を持つ成分となっています。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (301)

 

 

 

BGを主成分としたグリセリンフリー化粧品の使い心地としては、BGがグリセリンと比べてベタつきが少ないのでサラサラした使い心地と言われることが多いですね

 

保湿性も高くグリセリン化粧品と比べて機能性が落ちることもなく同様の効果を得ることができ、肌にも低刺激ということで違いを意識することはほとんどないかもしれません。

 

 

 

BG自体はそもそもグリセリンと一緒に使われるような成分なのでグリセリンフリーといった場合にはBG配合の化粧品と思ってみてもいいかもしれません。

 

 

 

BGがよく使われている製品としては、サラサラなつけ心地なので化粧水や保湿クリームや乳液や美容液、美容パックがあります。

 

 

 

UVケアクリームや歯磨き粉などでも品質保持のために使われています。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (298)

 

 

 

プロピレングリコール(通称PG)もグリセリンの代替として使われることの多い成分です

 

PGもグリセリン同様に保湿性が優れていることで知られており、身の回りの化粧品類の成分表で確認できるものも多いと思います。

 

 

 

ただ、皮膚への浸透力の高さから長期的な使用には向かないとも言われていて、最近ではPGを使わない化粧品メーカーが増えてきました。

 

 

 

BGにとって変わられた成分なので配合されていても少ない分量であったり見かけることの少なくなった成分です。

 

 

 

グリセリンフリー化粧品でも使われていることがあるので覚えておくといいかと思います。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (281)

 

 

 

プロパンジオールを主成分として販売されているグリセリンフリー化粧品もあります

 

プロパンジオールもグリセリンの代わりとなる保湿力があり、肌にも低刺激ということで化粧品に使われるようになってきました。

 

 

 

使い心地はサラサラとしていて化粧水にも使われています。

 

 

 

プロパンジオールの原料は植物由来成分が100%なのでオーガニックコスメを求める人にとっては注目の成分となっているみたいです。

 

 

 

BGと比較すると使われる機会が少ないように思いますが保湿機能などが劣るということではなく、コスト面でBGやグリセリンといった他の保湿成分よりも高くつくことが原因かもしれません。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (272)

 

 

 

BGについてもう一つ言及しておくと、BG(ブチレングリコール)は石油由来の成分となっているため石油系の成分を気にする方からすると敬遠される成分の一つでもあります

 

肌に低刺激なので悪影響があるわけではないのですが、使う人にとっての気持ちの問題や肌の相性というものも出てくる可能性はあります。

 

 

 

オーガニック系のコスメでよく使われている植物エキスを抽出する際にもBGがよく使われているため切っても切り離せない成分の1つでもあるので難しい問題ですね。

 

 

 

石油系の化粧品は避けたいという場合には植物由来で作られているプロパンジオールの化粧品をチェックしてみるといいでしょう。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (251)

 

 

 

石油系の成分と聞くと「なんだか肌に悪そうだ」と思うかもしれませんが、石油系だからといって肌に悪いとは限りません

 

例えば、肌の保護膜としての効果を持つワセリンも石油由来の成分でリップクリームや乾燥防止のためのクリームとして使われる事が多いですね。

 

 

 

ワセリンは紫外線を受けても酸化しないなど肌を守るための特性を持っており、ニキビ跡に塗布することで傷口を病原菌や乾燥などから守るために使う方も多くいます。

 

 

 

BGやワセリンは石油系の成分ですが肌に低刺激なので肌に直接塗っても問題はありません。

 

 

 

成分以外にもコストが安いというメリットもあります。

 

 

 

オーガニック成分の場合には植物から成分を抽出するための手順が必要なのですが、それらに使う基材に使える成分も植物由来のものに限られてくるため手段が限定的で生産効率が比較的悪いのです。

 

 

 

BGやワセリンは石油を加工する際の副産物やそれらの加工品の中から肌に優しく化粧品にも使えるような成分が選ばれているためより安い価格で使えることが多いのです。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (241)

 

 

 

ここではどちらを使うべきというところまでは言及しませんが、みなさんのこれまでの経験や実際に使ってみて効果を見た上で使い続けるかどうかを決めていくことが大切だと思います

 

周りの人が改善したからといって、自分に合わないものを使い続ける理由にはなりませんからね。

 

 

 

ニキビや肌トラブルを改善していくためには自分の肌と向き合うことが重要です。

 

 

 

グリセリンなどの成分についての知識を持っておけば自分の肌に良い成分と悪い成分が見えてくると思うので、これまで気にしたことが無いという人も製品の主成分をよくチェックしてみるといいと思いますよ。

 

 

 

新商品が出たりした時にも成分表を見ることである程度は自分の肌の効果が予測できますからね。

 

 

 

「グリセリンが使われているならやめておこう」

 

 

 

とか

 

 

 

「グリセリン配合の化粧品を使っているから、新商品は少なめに使おう」

 

 

 

といった他の化粧品と併用することも考えながら正しい使い方を見つけることもできます。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (237)

 

 

 

グリセリンが使われている化粧品は様々です

 

シャンプーにもグリセリンが含まれているので、お風呂で頭を洗ってそれを洗い流す際に顔に泡が付けばそれだけでも十分な保湿効果が得られているかもしれません。

 

 

 

シャンプーをお肌の保湿剤として使うべきではありませんが、グリセリンは本当に身近な製品で多く配合されているため、こうした普段何気なく行動している中でも肌にグリセリンが供給されているかもしれないと思うとちょっと面白いですよね。

 

 

 

コスメ商品の多くは他のコスメ製品と併用されることを考えていませんから、グリセリンのような保湿剤を必ず含めるようにしています。

 

 

 

そうでなければ一つの製品として成り立たないからです。

 

 

 

その結果グリセリンを肌に与えすぎてしまう可能性もあるのですが、それは化粧品を使用する私達が考えていかなければならないのが現状です。

 

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (257)

 

 

 

ニキビ改善を目的としている場合には、まずはアクネ菌の栄養源となっているグリセリンを減らすための工夫から始めていくといいでしょう

 

グリセリンの含まれるニキビ改善薬を使うとしても付けすぎを防ぐというだけで、余計な栄養源を減らせるので効果が期待できます。

 

 

 

もしくはグリセリンフリーの化粧水やクリームを使うようにしてアクネ菌の活動を抑えるようにするのもいいでしょう。

 

 

 

グリセリンでは通常の4倍ものアクネ菌の活力を与えてしまっていたところを、グリセリンにフリーにすればアクネ菌の減少に高い期待が持てます。

 

 

 

これでアクネ菌がいなくなるというわけではありませんが、お肌が健全な状態を保ちやすくなるのでニキビの出来にくい肌を作りやすくなるのです。

 

 

ひげ脱毛でイケメンをデザイン (258)

 

 

 

これまでグリセリンについて気にしたことのなかった方はまずは普段使っている化粧品の成分をチェックしてみてください

 

どれだけ多くの製品にグリセリンが使われているか知っておくだけでも、自分がグリセリンを使い過ぎていたりする現状を知る良いきかっけになるはずです。

 

 

 

良い肌の状態が保てるようになればニキビも次第に回復しやすくなりますし、アクネ菌の数が減ればニキビになりにくい肌になっていくでしょう。

 

 

 

グリセリンには良い効果もあれば悪い副作用もありますので、それらを理解して自分の肌を守る知識として役立ててみてください。

 


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

ニキビetc...


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る