思春期ニキビは洗顔の仕方の間違いが原因

ニキビを治す簡単な方法

思春期ニキビは洗顔の仕方の間違いが原因

読了までの目安時間:約 4分

ニキビを治す簡単な方法0001 (119)

小学校高学年から高校生ぐらいにかけてみんな悩むことの1つがニキビですよね

 

思春期のニキビは、ホルモンバランスの変化によって、皮脂の分泌が多くなり毛穴にたくさんの皮脂が詰まってしまうことが原因です。

 

 

 

ですから、毎日の洗顔ケアがとても重要になってきます。

 

 

 

洗顔は、ニキビだけでなく、スキンケアの基本中の基本ですから思春期のうちに正しい洗顔方法をマスターして美肌人生を歩んでいけるといいいですね。

 

 

 

<1.まずは手と顔を十分濡らす>

 

洗顔の前に手と顔を十分に濡らします。

 

 

 

このとき、ぬるま湯を使うと、毛穴が開き洗顔の効果が十分発揮されるので効果的です。

 

 

 

特にアブラっぽさが気になる人は、水だけで洗顔しておくといいでしょう。

 

 

 

<2.洗顔料は十分あわ立てる>

 

次に、洗顔料をしっかり泡立てます。

 

 

 

洗顔クリームに水少しずつ足しながら泡立てていきます。

 

 

 

なれないうちは、泡立てネットなどを使ったり泡になってでてくる洗顔料を使うといいでしょう。

 

 

 

<3.しっかりとすすぐ>

 

洗顔の後は、同じぐらいかそれ以上の時間をかけてすすぎます。

 

 

 

生え際や、小鼻、アゴのラインなど、すすぎ残しが原因でニキビができてしまうこともあるのでしっかりと時間をかけて十分すすぎましょう。

 

 

 

<4.洗いすぎない>

 

洗顔をしすぎると、必要な油分まで出てしまい肌が乾燥したり、皮脂の分泌量が増えることがあります。

 

 

 

1日2,3回までをめどに、残りは水洗いだけにするようにしましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

正しい洗顔


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る