ニキビを作ってしまう間違った洗顔法

ニキビを治す簡単な方法

ニキビを作ってしまう間違った洗顔法

読了までの目安時間:約 4分

ニキビを治す簡単な方法0001 (81)

ニキビケアにとって欠かせないものの1つが洗顔です

 

女性であれば絶対気をつけていますし今では男性でも、洗顔がどれだけ重要かみんな知っていることかと思います。

 

 

 

ところが、間違った洗顔方法が原因で逆にニキビを作ってしまうことがあるって知ってましたか?

 

 

 

洗顔はやればいいというものではありません。

 

 

 

間違った洗顔方法を見直すことで、効果的にニキビから卒業しましょう!

 

 

 

<間違った洗顔方法1:何度も洗顔>

 

朝起きて、昼休みに、部活のあとに、お風呂で・・・と洗顔フォームを使って一日に何度も洗顔をする方っていませんか?

 

 

 

実はこれもニキビを増やす間違った洗顔方法です。

 

 

 

顔の皮脂を過剰に取り除くことによって、体がより皮脂を多く出そうとしてしまい結果として、分泌される皮脂の量が前よりも多くなってしまいます。

 

 

 

洗顔フォームは、1日1,2回の使用に留めて残りは水だけで洗うように心がけましょう。

 

 

 

<間違った洗顔方法2:とにかくゴシゴシ>

 

毛穴の皮脂や汚れを取るために、とにかくゴシゴシ。

 

 

 

これを繰り返していると、皮脂を過剰に取り除くだけでなく正常な肌を傷つけてしまうことにもつながります。

 

 

 

すると、毛穴をふさいでしまったり、炎症を起こす原因にもなりニキビの症状が悪化してしまうこともあるでしょう。

 

 

 

洗顔はゴシゴシではなく、ふわふわ。泡で皮脂を包むように洗うとよいでしょう。

 

 

 

<間違った洗顔方法3:軽く洗い流す>

 

お風呂での洗顔はあまり問題ではありませんが洗面所での洗顔の場合、フェイスラインや生え際に泡が残ってしまうことがありませんか?

 

 

 

残った洗顔の成分は、そのまま雑菌の餌になってしまいます。

 

 

 

洗顔の際は、洗う時間よりも流す時間を多くとるようにしましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

正しい洗顔


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る