肌荒れでも美肌に見せるメイクテク

ニキビを治す簡単な方法

肌荒れでも美肌に見せるメイクテク

読了までの目安時間:約 4分

ニキビを治す簡単な方法0001 (186)

ニキビや肌荒れのときって、憂鬱ですよね

 

化粧はなかなかのらないし、カバーしようとして厚塗りするとニキビや肌荒れは全然治ってくれません。

 

 

 

トラブル知らずの美肌だったらどんなにいいか。

 

 

 

きっと世界中の女性が思うことかと思います。

 

 

 

でも、そんなときでも美肌に見えるメイク術があったらいいと思いませんか?

 

 

 

しかも美肌に見えるだけじゃなく、実際お肌に優しいとしたらこれ以上うれしいことはないですよね。

 

 

 

まず、メイクの前にはしっかりと保湿ケアを行います

 

これは、美肌のための基礎として、しっかり水分を確保しておくためです。

 

 

 

次に、ファンデーションですが普段ならばあなたを美肌に見せてくれるリキッドタイプやクリームタイプは肌荒れの時はなるべく使わず、パウダータイプを使います。

 

 

 

軽いタイプのフェイスパウダーやルースパウダーを使うことで肌や毛穴に負担を与えず、美肌に見えるさらさら肌を演出できます。

 

 

 

このとき大切なのが、あくまでも軽くさらさらした印象にすること

 

しっかり粉を毛穴に詰め込んでは、意味がありません。

 

 

 

美肌に見えながら肌に優しいメイクを心がけましょう。

 

 

 

意外と忘れやすいのがチークです。

 

 

 

頬骨の辺りは肌のコンディションが荒れにくいのでメイクののりもよくまた発色のいいチークは、それだけできちっとメイクに見えるのでより美肌効果をもたらします。

 

 

 

最後にポイントメイクです

 

ポイントメイクは出来るだけいつもどおりしっかりやりましょう。

 

 

 

肌荒れやニキビのひどい部分にメイクをする必要はありませんが美肌に見えるメイクのポイントとして、肌の荒れていない部分の色身を強調することで荒れている肌を隠すという効果もあります。

 

 

 

アイライナーやマスカラはしっかり行いましょう。

 

 

 

また、帰宅後は速やかにメイクを落として水分ケアをしましょう。

 

 

 

美肌に一番いいのは、やっぱりすっぴんです。

 

 

 

少なくとも自宅では、できるだけすっぴんでいるほうがいいでしょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

美肌になろう


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る