口内炎がある人の肌荒れはビタミン不足が原因かも!?

ニキビを治す簡単な方法

口内炎がある人の肌荒れはビタミン不足が原因かも!?

読了までの目安時間:約 4分

ニキビを治す簡単な方法0001 (151)

ニキビや肌荒れに悩んでる方、肌荒れと一緒に口内炎になったりすることはありませんか?

 

おでこはぶつぶつ、ほっぺは肌荒れ、口の中は痛い。

 

 

 

なんで私だけこんな目に!!って思っちゃいますよね。

 

 

 

でもこれ、偶然じゃないんです。

 

 

 

ニキビも肌荒れも口内炎も、共通の原因があるって知ってました?

 

 

 

それは、お肌の生まれ変わり、ターンオーバーが上手に出来なくなっているということです。

 

 

 

お肌は、1枚の皮のように見えますが実は何層にもなっていて、常に一番下で新しい皮膚が作られています。

 

 

 

それが一定の期間で上に上にと上がって生まれ変わりこうすることで、肌は常に健康な状態を保てるのです

 

ところが、このターンオーバーが上手くできないと肌荒れがそのままずっと一番上に居続けたり一度できた口内炎がなかなか治らなかったりするのです。

 

 

 

では、なぜターンオーバーが上手くいかなくなるのでしょう。

 

 

 

その原因の多くはビタミン不足

 

特に新しいお肌を作り肌荒れを防ぐのに必要なビタミンB2が不足していることがあります。

 

 

 

また、ビタミンBがなくなることで、肌荒れや口内炎だけではなく皮脂の量が増えて、顔が油っぽくなってしまいます。

 

 

 

では、この肌荒れに効くビタミンB2はどんな食べ物に含まれているのでしょう。

 

実は、このビタミンB2、野菜にはあまり含まれていないんです

 

ビタミンB2を多く含むのは、豚肉や豆類、卵、牛乳など。健康志向の女性の中には、控える人も多い食材ですよね。

 

 

 

ダイエット中の女性が肌荒れで悩むことが多いのもビタミンB2不足が原因なのかもしれません。

 

 

 

ニキビも肌荒れも口内炎も野菜だけを食べるような偏食的な健康志向では改善されるどころか悪化しかしません。

 

 

 

食事は常にバランスよく、心がけたいものですね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

肌荒れ


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る