禁煙がきっかけで美肌が荒れてしまうトラブル例

ニキビを治す簡単な方法

禁煙がきっかけで美肌が荒れてしまうトラブル例

読了までの目安時間:約 4分

ニキビを治す簡単な方法0001 (127)

「美肌の為に煙草を止めたのに、肌があれちゃった」

 

そんな声を聞いたことはありませんか?

 

 

 

煙草をやめたことによる肌トラブルって結構多いんです。

 

 

 

せっかく頑張って止めたのに、美肌になれないなら意味ない!って思いますよね。

 

 

 

でも原因を突き止めていけば、その努力は無駄にならないんです。

 

 

 

では、禁煙後の肌トラブルの原因を知って、美肌を目指しましょう。

 

 

 

1.好転反応よくある原因の一つがこの好転反応

 

今まで肌に大きな負担となっていた喫煙を止めたことで肌が一気に老廃物や不純物を外に出そうとします。

 

 

これは平均して2週間~1ヶ月ぐらいで収まります。

 

 

 

この反応が収まると、徐々に美肌が生まれてくる人が多いので禁煙後すぐは「一度肌があれるもの」と思っておくぐらいでいいでしょう。

 

 

 

2.ストレス美肌の最大の敵はなんといってもストレスです

 

禁煙という行為は、とにかくストレスがかかるものです。

 

 

 

禁煙セラピーなどストレスを軽減する禁煙法も増えていますがそれでも喫煙時に比べればどうしてもストレスが増えてしまいます。

 

 

 

せっかく禁煙しても、ストレスが美肌を防いでいては意味がないですよね。

 

 

 

禁煙のストレスがなくなるまでの期間は人によって違いますがこれも、徐々に少なくなるものですので、少しずつ美肌になっていくでしょう。

 

 

 

3.食生活の変化意外と気づかないのがこの「食生活」です

 

特に禁煙後甘いものを食べたいという欲求が出る人が多くいます。

 

 

 

また、単純に間食の回数が増える人も多いでしょう。

 

 

 

そういう場合、相対的に脂質や糖質を取ることが増えてしまいますので結果として、ニキビや肌荒れを招くことになり美肌とは程遠いお肌になってしまいます。

 

 

 

禁煙することで肌トラブルを抱える人はいますが喫煙することで美肌になるということはありません。

 

 

 

禁煙してもなかなか美肌になれない人は禁煙をきっかけに、自分が肌トラブルの原因を作っていないか考えてみましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

美肌になろう


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る