脇のニキビを治したい!

ニキビを治す簡単な方法

脇のニキビを治したい!

読了までの目安時間:約 5分

ニキビを治す簡単な方法 (23)

ニキビは「出物腫れ物、ところ嫌わず」と言う諺(ことわざ)があるように体のどんな場所にでも出来てしまう可能性があります

 

ニキビは皮膚の老廃物や古くなった皮脂(ひし)などが、毛穴や汗腺の中に溜まって角栓を作ることが大きな原因なので、体の中でも汗をかいたり皮脂の分泌の盛んな部分にニキビが出来るのは仕方のないことなのです。

 

 

 

体の中でとくに体毛の濃い場所としては、眉毛の生えたひたいの部分、アゴの下や首のまわり、脇の下やデリケートゾーンなどがあり、どこもニキビや吹き出物が出やすい場所になっています。

 

 

 

とくにその中でも不便なのが、脇の下に出来てしまったニキビです

 

ご存知のように、脇の下の部分は体の中でも発汗作用の働きが活発で夏の暑い時期になると汗ジミの対策をしていないで出かけてしまうと、洋服に脇の汗が滲み出てきてしまうほどです。

 

 

 

と言うことは、それだけニキビや吹き出物が出やすい条件が整ってしまっていると言うことなのですね。

 

 

 

脇の下にニキビが出来てしまうと、他の場所のニキビに比べて大きく炎症を起こしてしまうので、腕を下ろしていることも苦痛になるほどの痛みがあります。

 

 

 

脇の下ではニキビが潰れないように注意することが出来ませんから、すぐに化膿してしまうことが多いのです。

 

 

 

脇の下に出来たニキビは炎症がおさまって治るまでに時間が掛かることが多く

 

すぐに悪化して化膿してしまうことが多いので、自己流で治そうとせずに、専門の皮膚科などの病院で診察を受けて、きちんと治療をしてもらうのが一番です。

 

 

 

脇にできてしまったニキビはきちんと治療せずにそのまま放置しておくと、どんどん大きくなってオデキのようになってしまいます。

 

 

 

そうするとニキビの内部に嚢胞(のうほう)というポケットが出来てしまい、炎症がおさまってからも皮脂や皮膚の老廃物が溜まってしまうようになります。

 

 

 

脇の下にできたニキビの跡に出来たポケットはたびたび赤く腫れてしまったり、皮脂や老廃物が酸化して悪臭を発してしまうことがあります

 

こうなってしまうと皮膚科で手術を受けるほか無くなってしまいますから、脇の下に出来てしまったニキビは、早い時期に治療を受けて治しておくことが大切なのです。

 

 

 

でも、この脇の下のニキビは予防することが出来ないのでしょうか?

 

 

 

脇の下のニキビを予防するためには出来るだけジメジメした環境を作らないように心がけることが必要です

 

とくに暑い夏の季節には脇の下は蒸れやすくなっているので、ニキビがいつできてもおかしくない状態です。

 

 

 

そこで、おすすめなのが脇の汗を吸い取ってくれるパッドを脇にはさんでおくことです。

 

 

 

こうすると脇の汗を吸い取って、いつでもサラサラの状態にしてくれるだけでなく、脇の下の皮膚に汚れが付着することを防ぐことも出来るのです。

 

 

 

よく汗止めのスプレーなどを使って脇の汗を防ごうとする人がいますが、スプレーで吹きつけた汗止めの物質がニキビの原因になってしまうことがありますから、あまりおすすめすることは出来ません。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

ニキビetc...


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る