眉間のニキビを治したい!

ニキビを治す簡単な方法

眉間のニキビを治したい!

読了までの目安時間:約 5分

ニキビを治す簡単な方法 (21)

誰でも思春期になると顔や首の回りにニキビが出来てしまいますが

 

わたしたちの顔の中で、ニキビが出来て一番困るところは何といっても、眉と眉の間の眉間(みけん)の部分なのではないでしょうか。

 

 

 

例えば誰かと一緒にお話をしている時のことを考えてみると、もっとも視線が集中するのはやっぱり目ですよね。

 

 

 

その目の間に大きなニキビが出来ていたとしたらどうでしょう。

 

 

 

きっと眉間のニキビから目をそらしてしまうか、まじまじと見入ってしまうのではありませんか。

 

 

 

もちろんニキビは毛穴に詰まった皮膚の老廃物や余分な皮脂が原因で炎症を起こしてしまうものなので

 

毛穴のあるところならどこにでも出来てしまう可能性があるので、眉間に出来てもおかしくはないのですが、同じニキビでもその存在感ではナンバーワンの注目度があるのです。

 

 

 

眉間の部分に出来てしまったニキビは、とくに跡が残りやすいために慎重にお手入れをすることが大切です。

 

 

 

顔のなかでも眉と眉を結んだラインと鼻に向かったラインの交差する部分をTゾーンと呼んでいて、とくに皮脂の分泌が過剰になる傾向があり、ニキビが出来やすい部分になっています。

 

 

 

また、このTゾーンに出来たニキビは他の場所にできたニキビと比較して治りにくく大きなニキビの跡が残ることが多いという傾向があります

 

これはTゾーンに出来たニキビには前髪などが触れてしまって刺激を与えることが多いために、ニキビによる炎症を悪化させてしまうことが多いからです。

 

 

 

Tゾーンに出来たニキビを指先などでつまんで絞り出してしまう人がいるのですが、これは眉間にニキビの跡を残すことになってしまいますから絶対に止めましょう。

 

 

 

眉間のニキビを少しでも目立たなくしたい気持ちは分かりますが、指でニキビを絞り出してしまうとそこからばい菌などが侵入して、さらに炎症を悪化させてしまうこともありますからおすすめすることは出来ません。

 

 

 

眉間にできたニキビは清潔にして、刺激を少なくするようにしながら

 

炎症を収めてあげることがもっとも大切です。

 

 

 

そのためには毎日の洗顔で眉間のニキビを潰してしまわないように注意しなければいけません。

 

 

 

顔を洗うときには刺激の少ない洗顔ソープを使用して、たっぷり泡立てて汚れや皮膚の老廃物を包み込みながら洗いましょう。

 

 

 

洗顔が終わったら乾燥したタオルなどで眉間の部分を軽く押さえるようにして水分を取っておきましょう、

 

 

 

その時に忘れてはいけないのが洗顔の後はしっかりと保湿して水分を補っておくということです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

ニキビetc...


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る