背中ニキビを治したい!

ニキビを治す簡単な方法

背中ニキビを治したい!

読了までの目安時間:約 4分

ニキビを治す簡単な方法 (20)

背中に出来たニキビって普段はあまり気にならなくてもプールや海水浴場で水着になることの多い季節になると、人目につきやすいだけに恥ずかしいですよね

 

でも、そんな背中のニキビを解消する方法を知っておけば、いざと言うときのお誘いでも安心して水着になることが出来るようになりますから、背中のニキビが気になる人は参考にしてみてくださいね。

 

 

 

背中に出来るニキビは顔や首のまわりにできるニキビに比べて、炎症を起こしやすくなかなか治りにくいという特徴がありますが、これは背中に出来るニキビが、顔や首のまわりのニキビに比較して炎症を起こしやすいからです。

 

 

 

背中の皮膚は普段から洋服を着ているために常に刺激を受けています

 

そのために背中の毛穴や、汗腺に角栓が詰まって出来たニキビが炎症を起こしてしまうと、その部分の皮膚が盛り上がって高くなるために、洋服の生地が擦れてニキビの先端の皮膚を破ってしまいます。

 

 

 

そうするとニキビがさらに悪化して化膿してしまうのです。

 

 

 

背中のニキビは顔や首のニキビのように、普段からの肌ケアで防ぐことが難しい上に、ニキビが出来てもすぐには気がつかないことが多いので、ニキビが出来ていることに気がついた時には、すでに悪化してしまっていることがあります。

 

 

 

背中側にニキビが出来てしまったら出来るだけ衣服で擦ることのないように清潔なガーゼや傷パッドなどを貼って、直接ニキビが刺激されることのないようにしておくと安心です

 

背中のニキビが出来ることを防ぐためには、普段入浴やシャワーなどで体を洗い流す時に、香料などの刺激成分の含まれていないものを使用することが大切です。

 

 

 

お風呂に入ってリフレッシュしたい気持ちは分かりますが、背中にニキビが出来ていてお肌に刺激を与えたくない時には、出来れば入浴剤も使わない方が良いのです。

 

 

 

しかし、家族と一緒のお風呂には言っている場合は、そんなことを言っていられませんから、そのような場合にはお風呂から上がる時には十分にかけ湯で入浴剤の成分を洗い流しておくようにしておけば安心です。

 

 

 

お風呂に入った後は体温が上昇しているので体はどんどん汗をかいて熱を下げようとするために、お肌は逆に乾燥してしまいます

 

とくに私たちの体は汗を出す汗腺の数が、体の前面よりも背中側の方が少ないこともあって、お肌が乾燥しやすいのです。

 

 

 

背中の皮膚は顔などと違って簡単に手が届かないこともあり、いつでも手軽に肌ケアをすることが出来ません、入浴やシャワーで体を洗った後には、集中的に保湿するようにしましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

ニキビetc...


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る